ケンとカズ

ケンとカズ

【映画(邦画)】ケンとカズのネタバレあらすじ解説。感想、監督、キャストなどもご紹介します。

ケンとカズのあらすじ・感想
ケンとカズの作品データ

映画(邦画)ケンとカズのあらすじ

悪友であるケン(カトウシンスケ)とカズ(毎熊克哉)。

二人は、自動車工場で働く傍ら職場の後輩テル(藤原季節)と共に覚せい剤を密売をしていた。

自動車工場は、先輩であり元締めヤクザの組長東堂(高野春樹)が管理し資金洗浄のための場所だった。

ある日、ケンとカズが商売している縄張りで敵対するグループ松戸一家が商売をしていることを知り売人の元へと向かう。

存分に痛めつけ、運転免許証を取り上げ「二度とここで商売するな」と脅したのだった。

いつも通り覚醒剤を売りさばく日々を送っていたケンとカズだったが、金に執着するカズにケンは違和感を感じていた。

東堂に黙って商売をしているのではないかと猜疑心を抱いたそんな時、テルからカズが松戸一家の連中と連絡をとっているとこを目撃したと知らされる。

ケンは、カズの自宅に向かうとそこには、死んだと言われていたカズの母親の姿があった。

カズは、母を施設に入れるため金が必要だということと、子供の時に虐待されていていっそ母を殺そうとも考えていた。

ケンも、彼女である早紀(飯島珠奈)と同棲していて子供を身籠っており金を必要としていた。

ある日、ケンは一人でいるところ何者かに襲われ運転免許証を奪われてしまう。

襲ったのが松戸一家と考えたケンとカズは、以前痛めつけた売人の自宅に押し黒幕のとこに案内するように脅した。

黒幕のところに辿り着いたケンとカズは、縄張りで商売をやめろと警告するのだが、
カズが、東堂に内緒で手を組もうと黒幕に持ちかけたのだった。

東堂の恐ろしさを知っているケンは、カズの暴走を止ようとするのだが制御できずカズは敵対するグループと手を組んでしまった。

一方、早紀はケンの悪事に気づきケンの元から去っていってしまった。

カズは、テルと一緒にいるところ突然、東堂の舎弟に拉致られてしまった。

東堂はカズの裏切りに気づいていたのだった…

ケンは、一人で工場にいるところ東堂が現れカズの裏切りのけじめを取れと言われ拉致されたカズとテルの元へと向かった。

そこには、ボロボロになった二人がいて東堂はケンにカズを殺すように命令するのだが困惑していた。

次に東堂はテルにカズを殺すよう強要するのだが、殺すことができず東堂に殺されてしまった。

再び、テルに強要をしたところ、カズの携帯電話が鳴った。

母親からの電話だった。

テルは、近づいてきた東堂の首を切りつけ殺すのだったが舎弟に刺されてしまう。

カズは、落ちていたナイフを拾い舎弟を刺殺した。

ケンを抱えその場から逃げ出すのだが、途中ケンは力尽きてしまった。

その後、カズは早紀の元を訪れケンが死んだことを伝えた。

車に戻ったカズは隣にケンの姿を見るのだがそこには誰もいなかった…

映画(邦画)ケンとカズの感想

小路紘史監督が自身の同名短編を長編作として再映画かされた本作品”ケンとカズ”。

ケンとカズを演じた役者の自然体の演技がこの映画のリアリティーを引き出していた。

ヤクザの組長東堂も普段は人当たりがよく明るい人柄だが、映画終盤で裏切られたことを知った時の冷酷な豹変ぶりは本当に恐怖だった。

映画冒頭のケンとカズは仲が良くなくただのパートナーという感じだったが、終末には友情を感じ切なく響いた。

役者の好演が素晴らしい映画だった。

製作年
製作国
製作会社
    監督
    脚本
    キャスト
    音楽
      原作

        ケンとカズ以外の邦画をみる

        人気映画ランキング